ちょっとした嬉しい変化🐩
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email
Share on print

今日はうちの愛犬でもあるトイプードルのももちゃん♀13歳の嬉しい変化のことを書きます。

うちの子は、2016年の年末ぐらいに免疫不全の病気になりました。

たんぱく質を敵だとみなして過剰に免疫機能が働き、自らを必要以上に攻撃してしまう病気です。

口の中の粘膜(唇をめくった部分)がグジュグジュのなり血が出てしまうんです。

抗生剤や痛み止めのお薬を使いながら、量を増やしたり減らしたりまた症状が現れたら増やしたりなどして、一生薬と付き合っていくことになると獣医さんから聞かされていました。

確かに当時は薬の量を減らすと血が出てもがき苦しんだりと手放せなく、いつ症状が出るのかと不安な状況でした。。。

当時は発酵リビングフードのことをまだ知らなかったので、薬と並行しながら手作りご飯に変えてなんとか良くならないかなとやっていました。

 

犬は人間と違って、お肉の方が消化しやすい身体なんですよね。

なので生肉に変え、野菜も煮た野菜を与えていました。この食のリズムも1年ぐらい経ち体調的に薬止めれそうと思って2019年3月末で薬を絶ってみましたが症状が悪化することなく普通に元気に暮らしています。

そこから、薬の代わりに、ご飯にはHAKKOH+プレミアムも少し振りかけて食べさせています。

獣医さんの言ってたことは、何だったのか😂

食事で何とかなるじゃん!って思いました✨

 

もっと良くしたいなとやっぱり酵素大事だよねと改めて思い、先月の初めくらいから発酵ジュースを少し入れた野菜スムージーも食べさせています。

 

そして、最近気付いたちょっとした嬉しい変化✨

発酵リビングフード効果なのか!?

ももちゃんはイボ体質で、めちゃめちゃイボがあったのですが、どれもどんどん小さくなっていってるんです。

中でもお尻のところにも、邪魔そうな目立つ大きいイボ(良性でかれこれ4年ぐらいはあるのかな?)があったのですが、こちらは私が知る限りではどんどん大きくなっていて破裂しそうだなぁと思っていたのですが、今日気付いたらめちゃめちゃ小さくなっていて、パンパンだったのが衰退していたんですΣ(・□・;)

1ヶ月前くらいは相変わらず大きくて邪魔だなぁと思っていたのに、、、発酵ジュース入り野菜スムージーを飲ませるようになってからなんですよね、これだけ変化があったのは✨✨

 

ネットで、調べてみたら、

良性のイボやできもの場合、その原因のほとんどは犬の免疫力の低下や老化であると言われております。

特に若い犬や高齢の犬は免疫力が低いため、イボの原因になるパピローマウイルスという細菌に感染しやすく体の部位問わず一度に複数箇所できる場合もあります。

若い犬は大人になっていくにつれて免疫力も増えてくるためイボがあってもほとんどのケースで自然消失します。』

 

ですって。

うちのワンコは、13歳と高齢なのに、免疫力が整ったのかしら🤩

 

恐るべし、発酵リビングフード®️です❣️

 

 

 

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email
Share on print
関連記事